お客様の声
VOICE
経営者に物申すコンサルタントが本当にありがたい
株式会社EXIDEA 様
株式会社EXIDEA 様
EmmaTools(コンテンツマーケティングの分析/改善ツール)事業
Webメディア事業

代表取締役社長 小川 卓真 氏
相手思考と強烈な熱血感が経営者を突き動かす
● 弊社(石川・武井)と出会ったきっかけは何だったんでしょうか?

きっかけは、武井さんから送られてきた一通の手紙でした。私は普段、営業の手紙って一切見ないんですよね。でも、なぜか武井さんの手紙は捨てなかったんです。手紙は3枚あったんですけど、字が汚くて全く読めなかったです。(笑)ただ、なぜか分からないんですが、手紙から武井さんのものすごい熱意が伝わってきたんです。字が読めないのに不思議ですよね。(笑)それで武井さんと一回お会いすることにしたんです。実際にお会いしてみると、武井さんは本当に熱がある方で、リファラル採用のコンサルティングをお願いすることにしました。3回目ぐらいですかね・・・その時に武井さんが石川さんを連れてきました。コンサルティングを受ける中で石川さんとお話ししていて『この人面白いな』と感じ、そこからリファラル以外のコンサルティングをお願いするようになりました。


● 弊社を選んだ決め手は何だったんでしょうか?

白潟総研のコンサルタントの方って、売り込みではなく、我々の会社のことをしっかり考えてくれて提案してくれるんですよ。お話ししているときの目の熱さとか、会社の課題を把握しようとしっかり聴いてくれる姿勢とかで本気に考えてるかどうかなんて分かりますよ。これを最初は武井さんから感じて、石川さんにお会いした時にも同様に感じました。『相手のことを考えないと良い仕事ができない』というのはプロとして必要なことだと私は思っているので、すごく好印象でした。あと、プロとして結果を必ず出すという気概も感じましたね。『結果が出なかったらどうするの?』って聴いたら、武井さんは『結果を出します。』と答えたんです。結果が出るかどうかは実際にはやってみないと分からないと思っていますが、あえてその質問をしました。営業に来る大抵の方はお茶を濁すんですが、一切そのようなことがなかったですね。最終的には私は『誰と仕事をしたいか』で決めているんですが、先程のようなことから『一緒に仕事したい』って思いました。
経営者のおもいを具現化して会社が動き出す
● ご契約後のサービスへの評価と弊社(石川・武井)のサポートはいかがでしたか?

リファラル採用で武井さんに支援していただきましたが、満足度は高いですね。自分が考えていた考えがアピールブックとして形になって、それを通して社員におもいが伝わったんじゃないかな。また、実際に社員の紹介で入ってきてくれる人は、幹部候補だったり中核を担う人財だったりで活躍してくれてますよ。もう少し料金は高くても運用をもっとサポートしていただいても良かったかもしれないですね。石川さんには人事評価制度のコンサルティングをお願いしたんですが、非常に良かったですね。社員が何をすればいいか明確になり、目指すべき指標となりました。コンサルティングをお願いする以前は何に向かって取り組めばよいか曖昧でした。人事評価制度を作る際の合宿では8~9人のメンバーが参加し、自分たちで指標を決めるプロセスを作ってもらいました。このプロセスがあったことで、自分たちのものとなったと思うので、これもまた良かったです。


● コンサルタント(武井・石川)のどのようなアドバイスが印象に残っていますか?

武井さんはどこというより全体的に熱血感があってすごく印象に残っています。あの熱さは誰にも負けないでしょうね(笑)石川さんは幾度となく『小川社長のおもいを優先しましょう。小川社長のおもいで会社はできているので。』っていうんですが、これが印象的ですね。私はどちらかというと周りの人を優先してしまう傾向があるんですよね。それによって社員寄りの施策や決断ばかりになってバランスが崩れていた側面があったと思います。そんな時に石川さんが発する言葉によって、自分寄りの思考が芽生え、バランスが取れてきました。また、石川さんは社内の人間が言えないようなことも言ってくれるので、ありがたいと思っています。やはり経営者に率直に言ってくれる人って本当に少ないんですよ。そんな中で、私の耳の痛い話をしたり、理論や知識を活用して質問に打ち返してもらったり、壁を感じずに本音で話せているのでホント助かっています。


● 石川は小川社長にとってどのような存在ですか?

安心を感じられるような存在ですかね。実務経験も豊富な上に、沢山の知識を持っているし、何よりうちの会社のことを考えた上でアドバイスをくれるので、とりあえずやってみようかなって思えます。結局、ビジネスって色々やってみないと分からなことが沢山あると思うし、ダメなら変えればいいと思うんですよね。ただ、やはりはじめに取り組む時に納得感があった方がいいですよね。たとえ失敗しても石川さんは絶対に逃げないって分かっているんで安心してやっていけます。そんな石川さんの存在を頼りにしていますし、人間として好きです。
ニッチな分野で世界を動かす企業を作る
● これからどのような会社にしていきたいですか?

現在はEmmaTools(コンテンツマーケティングの分析/改善ツール)事業とWebメディア事業をやっているので、まずはこの2つの事業を伸ばしていきたいと考えています。その後に関しては、マーケティングをテーマとしてイノベーションを起こしたり、グローバル展開していったりするような事業創出企業になっていきたいですね。マーケティングってビジネスを形作る全てにおいて、市場調査でニーズを把握し、ニーズを製品として表現し、その製品を顧客に届け、顧客の満足を調べ、改善していくことだと考えています。大きな流れとしては、IT技術を用いたマーケティングの世界では一極集中が進んでいます。一部の名だたる企業が世界を席巻しています。一方で、Airbnbのようなニッチな分野はまだまだやれるところがあると思うので、我々はそのニッチな分野で頑張っていきたいですね。そこで起きているニーズをツールに落とし込んで、世界に届けていくのが我々の宿命ではないかと考えています。