お客様の声
VOICE
白潟さんは、経営に関してだけでなく私個人としても学びがある真のコンサルタントです
株式会社SEEC 様
株式会社SEEC 様
株式会社SEEC  
インターネット広告代理事業/ウェブソリューション事業/
インターネットメディア事業/アプリ開発事業/公式サイト運営事業/eコマース事業
代表取締役 阿部 隆太郎 氏
寄り添うコンサルスタイルが心地良い
● 弊社白潟と出会ったきっかけは何だったのでしょうか?

従業員数が増えてきて人事制度をきちんと作っていかないといけないと思い始めていたころに、共通の知り合いからのご紹介がきっかけで白潟さんと知り合いました。


● 弊社を選んだ決め手は何だったのでしょうか?

白潟さんを選んだ理由は大きく2つあって、
1つ目は役員全員が白潟さんのことを「良い」と言ったことです。
2つ目はちゃんと私や役員とのディスカッションの中で決めていくことが出来るからです。
何かのフレームワークやいわゆる「ベキ論」で理想を押し付けるコンサルが他社のコンサルにはいますが、白潟さんはそんなことはありません。白潟さんのコンサルは例えるなら「突っぱねるのではなく、流れてくる水をいい感じに方向転換してくれる」、そんなイメージで当社にはピッタリだと感じました。
「白潟さんがいないと回らない」-それぐらい白潟さんを頼りにしている
● ご契約後のサービスへの評価と白潟のサポートはいかがでしたか?

どんなに完璧な流れを作っても決めたものをただやっているだけでは、決めた内容からはみ出てしまうことが多々あるんです。そのことを白潟さんに相談すると、決めた内容からはみ出てしまった事柄に対しても、解決策を示してくれるのです。その結果、またちゃんと課題解決向けて動き出せるようになります。まさに白潟さんは理想と現実のギャップを埋めるためには何をしたらいいのかを教えてくれるのです。
白潟さんがいないと、回らないんじゃないかなーと思いますね。役員3人だけで解決するのはかなりチャレンジな状況も多いですね。


● 白潟のどのようなアドバイスが印象に残っていますか?

具体的なアドバイスというより白潟さんのコンサルタントとしての姿勢が印象に残っていますね。
「聞く」という姿勢ですね。まず白潟さんは否定をしません。当たり前のように聞こえますが、否定をしないことって本当にハードルが高いんです。私自身、部下からの不平不満を途中で遮ってしまっていたのですが、話を全部聞き切ることで相手の本音が聞けるようになることが分かりました。具体的にどのようなことで悩んでいるのかが分かるようになったのです。これは私自身も白潟さんに「話を聞き切る」ということをやってもらった実体験から分かったことでした。



● 白潟は阿部社長にとってどのような存在ですか?

真のコンサルタントです。
理想像だけの「ベキ論」だけではなく、私たちに起きていることなどの現状に寄り添ってくれるのです。
「こちらの話をひたすら聞き、考えがまとまるのをじっと待ってくれる」
そんなコンサルタントです。クライアントである私たちにこんなに寄り添ってくれるコンサルタントには初めて出会いました。
また、白潟さんの話し方や立ち居振る舞いは私自身にも大きく影響を与えています。
例えば話し方であれば、回りくどい話し方をしなくなりました。結論から言い、聞き出したい内容を真っ先に言うようになったと思います。
そして、立ち居振る舞いとしては、相手の話を遮らなくなりましたね。とにかく相手がすべて話し切ることをじっと待ち、聞き切るということを徹底することを心掛けるようになりました。
そういう意味では白潟さんは、私にとって「コンサルタント」でもあり、「いい影響を与えてくれる存在」でもありますね。
分野によっては世界へと羽ばたき、「SEECといったらコレ!」という画期的なマーケティングソリューションを確立し、SEECを知らしめたい
● これからどのような会社にしていきたいですか? 

まずはアプリ開発事業を世界展開したいです。
また旅行事業で大手旅行サイトとの提携が決まっているので、旅行事業でのアプリ開発でも世界を目指したいと思っています。
そして、SEECとしてのブランドを確立させるのも今後の展望の1つです。唯一無二のマーケティングソリューションをもって、「SEECの広告営業はこういうもの」というものを確立することで、SEECを知らしめたいです。