お客様の声
VOICE
考えやおもいを、言語化し形にしてくれたことで、 経営陣から社員まで意思が伝わるようになった
ネットビジョンシステムズ株式会社 様
ネットビジョンシステムズ株式会社 様
ネットワークエンジニアリング/IT人材育成事業

代表取締役社長 中塚 敏明 氏
強烈な熱血感と猛スピード感が信頼に結び付いた
● 弊社(武井・石川)と出会ったきっかけは何だったんでしょうか?

出会ったきっかけはお付き合いのある社長からの紹介でした。当時は、経営理念や経営方針を全社員に伝える必要があると感じていた時期だったんですが、それが上手くまとまるアピールブックを武井さんが提案してくれたんですよ。それでお付き合いが始まって、プロジェクトを進めていきました。その中で、武井さんが石川さんを連れてきたのが石川さんと出会ったきかっけでしたね。


● 弊社を選んだ決め手は何だったんでしょうか?

はじめは武井さんにお会いしたんですが、熱血感満載だったり、資料を送ってくれたりするスピードが速く頑張っている姿勢がすごく見えたんで、お願いすることにしました。石川さんとはプロジェクトの中で参加していただいた時があり、そこで色々とお話ししました。その時は自分が言わんとしていることをしっかりと理解してくれました。また、散らかった話を上手に整理し、まとめる力がすごいなあと思ったのを憶えています。
経営者の考えやおもいを言語化する最強の軍師が企業を下支えする
● ご契約後のサービスへの評価と弊社(石川)のサポートはいかがでしたか?

元々NVS10ヶ条という行動指針があったんですが、これが具体的なスキルまで落とし込めていなかったんですが、石川さんにその話をしたところ、分かりやすくまとまった資料を作って来てくれたんです。それが、まさに私が形にしたかったものでした。自分で言っていることや考えていることが整理されて突然目の前に出てきたんで、『この人はやばい!』と思いましたね。いい意味で。実際にその作ってもらったブックレットができてから、NVS10ヶ条がただのお題目ではなく、評価軸となり指針となりました。そのことで社員たちも目指すべきことが分かりやすくなって、モチベーションの向上にもつながりました。それから、私と石川さん、そして当社のNo.2の3人で定期的にミーティングをしていたんですが、そこでのやりとりを通じてNo.2が成長しました。私はどちらかというと考えを言葉にして伝えるというのが苦手で、背中を見て学べというタイプなんです。ただ、石川さんがそのミーティングに入ってからは私の考えを的確に言葉にしてくれて、No.2に伝わっていくようになりました。これが成長に大きく寄与していると思います。


● コンサルタント(石川・武井)のどのようなアドバイスが印象に残っていますか?

まずは当初アピールブックの作成で来ていただいていた武井さんですが、武井さんはすごく熱い方で、幹部を集めて「部下を叱れる幹部はいったい何人いるんですか!」と喝をいれてくださったのが印象的です。お恥ずかしい話ですが、実際に部下に対して甘い幹部が多かったのでかなり刺さったと思いますよ。石川さんについては、私のおもいを的確にキャッチし、言語化してくれるという印象が強いのですが、実は熱いところもあるんです。中でも全社会議で『この行動指針を実行すれば、業界トップを取れますよ』と鼓舞してくれたのが印象的でした。


● 石川は中塚社長にとってどんな存在ですか?

一言でいえば「軍師」ですね。正直にいうとウチに来てほしいくらいです。どうしても社内でディスカッションとなると攻めの人間と守りの人間で意見が割れてしまうことが多いのですが、石川さんは客観的な立場からバランスを取ってくれるので、助かっています。何かあった時にはすぐに相談しようと思える頼りになる存在です。 
ITエンジニア不足を解決する事業を展開していく
● これからどのような会社にしていきたいですか?
 
今、事業の中核はエンジニア育成のスクール事業と、SES事業の2本柱です。今後はさらにIT業界の人材不足に拍車がかかるので、この大きな世の中の課題解決に向けて、現事業を邁進していきたいと考えています。ただそれだけではなく、周辺事業として育成したエンジニアとエンジニアを必要とする企業がつながれるマッチングサービスなんかができればいいのではないかと考えています。Wantedlyなどの採用WebサービスのIT版といったところでしょうか。エンジニアの学習状況を企業から見られるようにして、スカウトメールを送るような仕組みもいいかもしれませんね。